借金返済の時の領収書の重要性【くれない・なくした:大丈夫?!】

借金返済の時の領収書の重要性【くれない・なくした:大丈夫?!】

領収書について

領収書というのはお金を払った証明書です。
絶対になくさずに保管しておきましょう。
貸金業規制法18条でも、
領収書は交付することを明記されています。

 

  • 領収書をくれない
  • 領収書をなくしてしまった

 

困った場合にはただちに
弁護士に相談することがオススメです。

 

早いうちの解決が鍵となるので、
無料相談してくれる事務所へ行きましょう

 

おすすめの事務所はコチラになります。


⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ

 

浪費の借金
自己破産は多額の借金でも
すべて免責となる借金解決方法の一つです。

 

自己破産が認められるには
裁判所から支払いの能力がないと判断される必要があります。

 

自己破産以外にも任意整理、個人再生、特定調停といった手続きがあり、
財産も貯金もあまりなく、将来的に継続した収入が見込めずに、
借金が減額されても3年から5年の分割払いでも
返済しきれないといった場合に自己破産がよく選ばれています。

 

自己破産では何もかもすべて差し押さえられるのではなく、
現金なら99万円まで預貯金なら20万円までなら手元に残せます。

 

自己破産は誰でもできるというわけじゃなく、
免責不許可事由に該当している場合は免責が受けられない可能性があります。

 

ですがご本人に更正する気があるのかどうか、
反省の程度などを裁判官が見て総合的な判断を下して
裁量で免責が認められることがあります。

 

給料の大半をギャンブルにつぎ込んで、
それを毎月のように続けてしまったり、
クレジットカード現金化を繰り返して浪費するなど、
悪質なケースを除けば、免責が認められるケースが多いので、
浪費が原因だからと言って債務整理をあきらめずに、
弁護士事務所または司法書士事務所で相談ください。

 

自己破産が最適かどうか専門家が判断し、
債務整理のサポートを行ってくれます。
ご相談は無料、秘密厳守です。

借金返済のコツ

670万がなんと140万に?!

減額出来る可能性があるんです♪ 調べてみましょう!!
無料借金減額シミュレーター
今スグ借金解決ツールを試す!

⇒無料シミュレーターはこちらから

賢く借金返済するために「優秀弁護士の選び方3ヶ条」

借金を確実に返済・整理したい方は
3つのポイントを大切にすることで新しいスタートへ!!

安心な弁護士事務所の選び方

初期費用¥0
実績ある弁護士
無料相談が出来る!

無料相談できる弁護士事務所


⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ