《必読》借金を時効まで夜逃げする前に、知らないと損なことって?

《必読》借金を時効まで夜逃げする前に、知らないと損なことって?

《必読》借金を時効まで夜逃げする前に、知らないと損なことって?

借金に時効はあるかどうかについて

 

借金は、原則として利益喪失した日から一定期間が経過すると時効によって消滅します。
つまり、債権者側からの強制的な回収がなくなり、債務者は債権データ通りに支払いをする権利がなくなるという事で、これを「消滅時効」と呼んでいます。
ここで言う時効は、定められた期日が経過した後は、万一借金返済の請求が来たとしても支払う必要がないという事です。

 

借金の時効まで夜逃げ?

一般的に親戚や友人などの個人からの借金の場合は、一番最後に支払った日から10年以上経過すれば、時効扱いで借金返済の義務がなくなります。
更に消費者金融などの会社から借入れていた場合は、最後に支払った日から5年以上の時間が経てば、同じく時効として認められます。

 

借金の時効まで夜逃げする前に

しかし、時効に達する前に債務返済の約束を事前に交わしている時や、裁判で訴訟を起こされた時は、5年または10年経った後でも時効は適用されない事があります。
そして借金を支払った最終日から5年または10年を待たずして、1円でも追加で借金返済を行うと、時効までのカウントは無効になり、またその支払った日から5年、10年と計上されます。

 

借金の時効まで夜逃げするのは待った!

この借金の時効問題については、非常にデリケートな事例であり、裁判所でも数多くの債務者と債権者の間で頻繁に争われる議題です。
特に、法律の専門知識が浅い素人が借金が時効かどうか判断するのは絶対に避け、必ず債務関係に強い弁護士などにアドバイスをもらって、解決するのが最善です。
もし時効の援用をする事で債務整理をしたい場合は、自分でするよりも弁護士に依頼するほうが確実にスムーズな処理ができるので、妥当な判断か一度話し合ってみましょう。

 

借金整理のプロの弁護士

365日24時間、全国対応の法律事務所

フェア&スクエア法律事務所

借金返済のコツ

670万がなんと140万に?!

減額出来る可能性があるんです♪ 調べてみましょう!!
無料借金減額シミュレーター
今スグ借金解決ツールを試す!

⇒無料シミュレーターはこちらから

賢く借金返済するために「優秀弁護士の選び方3ヶ条」

借金を確実に返済・整理したい方は
3つのポイントを大切にすることで新しいスタートへ!!

安心な弁護士事務所の選び方

初期費用¥0
実績ある弁護士
無料相談が出来る!

無料相談できる弁護士事務所


⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ