借金返済で裁判になりそう!裁判所から…という方必見ガイド!

借金返済で裁判になりそう!裁判所から…という方必見ガイド!

借金返済で裁判になりそう!裁判所から…という方必見ガイド!

返すことを前提にしたお金が、何かの事情によって返すことができなくなった時には、まずは相手にその事情を伝え理解してもらうことです。
その上で自分が確実に支払って行ける返済額を伝え条件変更を申し出ます。
でも相手側が「納得できない」と返事が来た時には、謝罪した上で相手の出方を待ちます。

 

仮に裁判所を通じて返済請求が来た場合には、返信用封筒と同封されている身上書や申立書に、自分のおかれている事情を説明し減額払いを求めるべきです。
いわゆる「無い袖は振れない」ことを裁判所が認めてくれると、細々と返済していくか、もしくは減額して一括返済することができる和解案を提示してくれます。
ここで不調に終わった時は判決がでますが、実質上の換価できるものが無い場合には最押さえもできないため、相手方は債権のみが残ることになります。
つまり踏み倒さずとも裁判所が可能な返済額で調停してくれるのです。

 

ただし、返済する意思はあっても進まないわけですから、毎回の返済に対して精神的にも疲れてきますので、裁判所の一括払いの減額和解案には多少無理しても乗った方が得になります。
ちなみに全く換価するものが無い状態であり、給与に返済できる余剰が無い場合には、月額返済額3ヶ月から6ヶ月程度を和解の一括支払い案にすると良いでしょう。
あとは裁判長が流れ作業のように相手側弁護士に対して処理を促してくれますので、早期の債務整理を進めるようにしましょう。

借金返済のコツ

670万がなんと140万に?!

減額出来る可能性があるんです♪ 調べてみましょう!!
無料借金減額シミュレーター
今スグ借金解決ツールを試す!

⇒無料シミュレーターはこちらから

賢く借金返済するために「優秀弁護士の選び方3ヶ条」

借金を確実に返済・整理したい方は
3つのポイントを大切にすることで新しいスタートへ!!

安心な弁護士事務所の選び方

初期費用¥0
実績ある弁護士
無料相談が出来る!

無料相談できる弁護士事務所


⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ